北海道から全国へ。札幌のソフトウェア産業を応援します!

行動規範(コンプライアンスプログラム)

当社は、企業としての社会的責任を果たす目的で弊社の作業従事者が事業活動を展開するにあたり遵守すべき基本的な事項を行動規範(コンプライアンスプログラム)として定め、周知、啓蒙、行動監視し、定着を図ります。 また必要に応じ利害関係者へは公表致します。

基本的な事項

1. 社会的責任
当社は、次の事項を考慮して、社会的に有用な製品・サービスを安全性や個人情報・顧客情報の保護に十分配慮して開発・提供し、消費者・顧客の満足と信頼を獲得する。
  1. 有用な製品の提供について
  2. 製品・サービスの安全性・品質の確保について
  3. 製品に関する情報の提供について
  4. 問い合わせへの対応について
  5. 個人情報の保護について
2. 公正な取引について
当社は、次の事項を考慮して、公正、透明、自由な競争並びに適正な取引を行う。また、政治、行政との健全かつ正常な関係を保つ。
  1. 適正な購買取引について
  2. 知的財産の保護について
  3. 虚礼の自粛について
3. 企業情報の開示
4. 従業員との関係
当社は、次の事項を考慮して、従業員の多様化、人格、個性を尊重するとともに、安全で働きやすい環境を確保し、ゆとりと豊かさを実現する。
  1. 公正な人事処遇制度について
  2. 雇用機会の均等について
  3. 快適な職場環境について
  4. 従業員の能力開発支援について
  5. 労使協議について
5. 環境問題への取り組み
当社は、環境問題への取り組みは人類共通の課題であり、企業の存続と活動に必須の要件であることを認識し、自主的、積極的に行動する。
6. 社会貢献活動
当社は、次の事項を考慮して、「良き企業市民」として、積極的に社会貢献活動を行う。
  1. 従業員の自発的社会参加

情報セキュリティポリシー

当社は、受託業務開発に当たり、預かり情報資産、及び、納入後の運用システムをどのような脅威から、どのようにして守るのかについての基本的な考え方と、情報セキュリティを確保するための体制、組織および運用を含めた対策基準を情報セキュリティポリシーとして定め、設計、開発に当たります。

基本方針
情報セキュリティ対策の目的、対象範囲を明らかにする基本方針を定める。
対策基準
各情報資産に対する個々の対策について、体系化した上で対策基準を定める。対策基準の構成は、次の通りとする。
  1. 組織・体制
  2. 情報の分類と管理
  3. 物理的セキュリティ対策
  4. 技術的セキュリティ対策
  5. 人的セキュリティ対策
  6. 運用
  7. 法令遵守
  8. ポリシー違反に対する対応